被仕向送金手数料の比較

被仕向送金手数料とは

被仕向送金手数料(読み方:ひしむけそうきんてすうりょう)とは、銀行が「国内からの外貨建ての送金」「外国からの円建ての送金」を受け取る際に支払う手数料のことです。

格安の手数料で外貨両替が可能なセントラル短資FXマネーパートナーズ。これらのFX証券会社で外貨へコンバージョンした資金は、外貨の現金として引き出すためにいったん銀行の外貨普通預金口座へ送金(出金)する必要があります。

セントラル短資FXの外貨出金手数料は、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行、三井住友銀行の本支店宛、三菱東京UFJ銀行の本店宛の場合は無料、三菱東京UFJ銀行の支店宛の場合は1,000円、その他金融機関宛の場合は1,500円となります。

マネーパートナーズFXからの外貨出金手数料は、送金先金融機関に関わらず、月1回まで無料、2回目以降は1回あたり4,000円となります。

送金先の金融機関を選べば、格安の手数料で両替した外貨を無料で出金できるということですね。

さて、一方、銀行が外貨送金を受け取る際には被仕向送金手数料がかかります。

被仕向送金手数料が高額だと、せっかくFX会社で格安な手数料でコンバージョンした意味がなくなってしまいます。

以下では、この被仕向送金手数料の銀行間比較をしてみたいと思います。被仕向送金手数料が無料の銀行がありますのでご安心下さい。

なお、外貨送金を送る側のFX会社は「仕向送金FX会社」といいます。この仕向送金を受けた(被った)銀行が被仕向送金銀行になります。

被仕向送金手数料の比較表

銀行の被仕向送金手数料をまとめたのが以下の表です。国内の銀行、証券会社、FX会社から外貨建ての送金を受けた場合の手数料です。

シティバンク銀行みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 ソニー銀行
(1)被仕向送金手数料個人口座の場合は無料無料
※異名義の場合2,500円
個人口座の場合無料 2,500円
(2)外貨現金の出金手数料
  • 1アメリカ・ドルにつき2円
  • その他の通貨は引出し不可
一律1,000円
  • 1アメリカ・ドルにつき1円80銭
  • 他の通貨は1単位当たり8円
国内では外貨現金の出金は不可能
トラベラーズ・チェック発行手数料1%
シティバンクに口座を持っていない場合は2%
2% 2% -
おすすめ用途 トラベラーズ・チェック発行に最適 オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、ポンドの出金先として最適 少額のアメリカ・ドルの出金先として最適 -

まず、(1)被仕向送金手数料に注目します。

Aさんがセントラル短資FXマネーパートナーズでコンバージョンした資金を、Aさん名義のシティバンク銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行に送金する場合は、振込人の名義は「セントラル短資FX」「マネーパートナーズ」となります。そして、受取人の名義は「A」さんです。つまり、異名義人同士の送金となります。

シティバンク銀行、三菱東京UFJ銀行の被仕向送金手数料は無料ですが、みずほ銀行、ソニー銀行の被仕向送金手数料は2,500円になることまず確認しておきましょう。

次に、(2)(銀行からの)外貨現金の出金手数料に注目します。

被仕向送金手数料という点では不利なみずほ銀行ですが、外貨現金出金手数料が他の銀行と比べると格安です。

以上の2点、被仕向送金手数料外貨現金出金手数料という点から外貨出金に最適な銀行を考えるとどうなるでしょうか。

被仕向送金手数料は2,500円かかりますが、外貨出金手数料が格安のみずほ銀行が最も有利といえるでしょう。

みずほ銀行以外の金融機関の場合、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、イギリス・ポンド、アメリカ・ドルいずれの通貨であっても、外貨出金手数料が高額になります。